12月 05 2018

1995年1月17日5時46分に発生した「阪神淡路大震災」で被災しました。「阪神淡路大震災」の震源は、明石海峡付近でマグニチュードは7.3と報告があります。私が被災した場所は、明石市の天文科学館の近くにある当時住んでいた自宅で、震度は6でした。私が住んでいた明石市内でも死傷者多数で、全壊または半壊した住宅も多数ありました。淡路や神戸市内でも多数の被災者が出て、特に神戸では震災の二次災害として火災が発生し、甚大な被害をもたらしました。

シャボン玉.jpg

私が住んでいた住宅は半壊であり、数日は中学校の体育館に避難していました。避難所ではプライバシーが全くなく、食事も満足にとれず、入浴ももちろんできず、生活全てに困っていました。当時、中学生だった私は両親の判断に従い、半壊となっていた自宅に戻ることになりましたが、いつか余震が起こり、家が崩れるのではないかと恐怖を感じながら過ごしました。家での生活もライフラインが断絶されており、水、電気、ガスが使用できない状況でした。

水は、往復30分程度かかる避難所にくみに行かなければならず、真冬の寒い中何度も水を運びました。何日もお風呂に入れない状況にがまんができず、タオルで体を拭いていましたが、電気がなく暖房もない室内ではとても辛かったですが、我慢しながら体を拭いたり、水で頭を洗ったりしました。食事は、ガスボンベが使える携帯コンロでお湯をわかし、ラーメンを食べたり、焼きそばを食べたりと、何日もカップ麺での生活が続き、辛かったです。毎日水が出て電気がつき、ガスを利用することができる有難さが身に染みました。

私が被災した当初は、スマートフォンが一般的でなかったため、アプリなどは使用しませんでした。ライフラインが断絶した中で活躍したのは、懐中電灯、ラジオ、ガスボンベと携帯コンロです。当時、私の家にはガスボンベも携帯コンロもありませんでしたが、ラジオで市役所前でそれらを無料配布するという情報を得、手に入れることができました。ガスボンベと携帯コンロがあれば、お湯をわかすことができ、カップ麺など温かい料理が食べられますし、熱湯と水を混ぜて入浴したり、頭を洗ったりすることもできます。

真冬の電気が使えず、暖房器具が使えない状態で、火を使えるグッズというのはとても便利です。同様にライターやマッチ、ろうそくなどもあれば便利です。電気がつかない真夜中の部屋はそれだけで不安ですし、トイレに行くのにも困るので、懐中電灯は家族の数だけあった方が便利です。懐中電灯を使用するための電池をストックしておくことも忘れてはいけません。

災害時に、もし家族がバラバラに行動していた場合は、待ち合わせ場所を決めています。現在の自宅から一番近い避難場所に指定されている小学校です。家族に小学生の子どもがいるため、その子が確実に一人で行くことができる場所ということで決めました。さらに、避難所では混雑が予想されるため、運動場の特定の遊具の前で待つというように、細かく場所を指定しています。加えて、人間は平和に慣れると「自分だけは大丈夫だ」と思いがちなので、避難指示がでればすぐに避難すること、避難して何も起こらなければそれが一番良いという考え方を家族で共有しています。家の鍵を閉めなくていい、荷物も何も持たなくていいなど、災害のニュースが出るたびに子どもが慌てないように具体的に説明しています。

地域の防災訓練などにも家族で積極的に参加して、地震体験車などで様々な地震の揺れの大きさを体験したり、倒れてきそうな外壁はないか、など確認しながら自宅からの避難所への経路をみんなで歩いています。いざという時にこのような体験が役立つと思っています。